テープ起こしは信頼性の高い業者に依頼|言葉のプロに任せよう

外国語の利便性

女性

世界各国で販売されている本を、母国の言葉に翻訳する業者が増加傾向にあります。身近には本や映画、会議の資料など、翻訳が必要になるものは数多く溢れているものです。その利便性は非常に高く、利用する価値は大いにあるでしょう。

More Detail

多くの言語

オフィス

日本語を英語に、英語を日本語にという専門の翻訳以外にも、多言語に対応しているようなところもありますので、翻訳代行に活用しましょう。SNSでの情報発信に利用できます。

More Detail

スタッフの負担を軽く

文房具

インタビューを文字にするのは意外と時間がかかるものです。もし仕事でインタビューをして、テープ起こしをするとなったとき、戸惑う人が多いのはそのためです。テープ起こしはできれば業者に頼んだ方がスムーズに作業ができます。インタビューに慣れている企業であれば、独自にスタッフを養成してスキルを身につかせることも可能ですが、そんな暇がない企業も多いです。しかもテープ起こしが必要になる業務がそれほどないのであれば、スタッフのスキルを育てるための時間がもったいないといえます。専門の業者なら標準中一日で作業を完了させてくれます。もちろんこれは作業量にもよりますが、スタッフが割かなければいけない時間を考えるととてもコストパフォーマンスが良いといえるでしょう。

テープ起こしは雑誌のインタビューなどでも使われますが、それだけでなく会議や学会の講義の内容も起こすことにも使われています。特に会議だと機密事項もありますし、それほど重要な会議でなくても外部の人にとっては重要な情報が詰まっているということもあります。万全を期すために、外部の業者に依頼するときは情報管理がしっかりしているところを選びましょう。プライバシーマークがあるところだと信頼できますし、色んな企業や官公庁から依頼を受けている業者も信頼性が高いといえます。加えて、ケバ取りなどで追加料金が発生するかどうかも確認することが大事です。ケバ取りとは「えー」などの余分な言葉を省く作業ですが、これを対応するときに料金が発生することもあるのです。

業務の効率化

パソコン

会社で働く際、インターネットは欠かすことができないものとなっています。その為、海外からの利用者なども増加しており、やりとりが必要になっています。翻訳会社はこういった場面で多く活用されています。

More Detail