トラブル回避のためにも不用品回収業者の選定は慎重に

トラブル回避のためにも不用品回収業者の選定は慎重に

不用品

不用品回収に関する許可をもらっているか

大阪で不用品を回収する営業をするためには認可が必要です。一般家庭の不用品を回収するためには「一般廃棄物処理業」、企業などの産業廃棄物を回収するためには「産業廃棄物処理処理業」の認可が必要となります。これらの認可を受けていない業者は悪徳業者である可能性が高いので必ず認可を受けている業者なのかホームページなどでチェックしておきましょう。

見積もりをしてもらう際の対応をチェック

不用品回収を依頼すると見積もりをしてもらうことになります。この時にどのような対応をするのか確認しておきましょう。見積もりをするときに横柄な態度であったり、脅迫めいた態度であったりしたら悪徳な業者である場合が高いです。丁寧な言葉づかいで、何故このような見積もり金額になったのか説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。また、見積もりをしてもらった後に金額が高くならないのか必ず契約前にチェックしてください。

名刺をもらう

悪徳な業者は証拠に残るような行為を嫌います。そのため不用品回収の依頼をしたらまず名刺をもらっておきましょう。名刺には会社名や連絡先、氏名などその会社の情報が詰まっています。ここで名刺を出すことを渋るようであれば、依頼するのは避けたほうが無難です。名刺をもらうことができれば、その業者は安心して任せることができると言えます。

不用品を回収してくれるところは色々ある

不用品回収をしてほしい場合、一般的には行政に頼るか民間の不用品回収業者へ依頼するかのどちらかだと思います。行政と民間の不用品回収業者はどのような違いがあるのかまとめました。

行政と民間業者での対応の違い

行政

一般的には電話で回収の予約をすることになります。自治体によってはインターネットで申し込むこともできるようです。回収してほしい不用品にシールを貼り所定の場所に置いておくだけで回収をしてくれます。多くの場合がシールの購入代金だけの追加で料金はかかりません。なお回収できる品目は限られていて、冷蔵庫やエアコンなどは回収はしてくれません。このような不用品は民間の業者へ依頼するようにしましょう。

民間業者

自治体に予約するときと同様に、電話やインターネットで申し込むことができます。料金については、基本料金以外にも品目ごとの料金、そして処分する料金がかかります。自治体に申し込む時と違って、民間の業者へ依頼すると、自宅まで回収しに来てくれるのでこちら側は当日に特にすることはありません。また自治体では回収してもらえない不用品でも民間の業者は回収してくれます。ものによっては買取もしてくれます。

広告募集中